20020318/トイレ話

学校で、トイレに行った。

学校のトイレに入ったのは、今日が初めてではない。
しかし、実に約3ヶ月ぶり、約3回目の利用ということになる。


ドアはあるが建てつけが悪く、閉まらない。
せっかく付いている鍵も無用の長物。豚に真珠の類である。
入ったところで、落ち着いて用も足せない。

そのうえ、個室にはなっているが便器はなく、
真ん中に深さ約30センチ、幅約15センチほどの溝がある。
その溝が5つの個室すべてを貫いており、なんちゅうか、
せせらぎ状態になっているのだ。

― せせらぎ。清らかな響き。

そこにときどき水が流れるようになっているのだが、その方法も渋い。
溝の最端部にししおどしが据えられている。
なんと風流な。


しかし実態は風流でも何でもない。
上流からあんなものやこんなものが流れてくる寸法なのだ。
まぁ、「自動式水洗便所」と言えなくはない。


こんな状態なモンだから、今までできるだけ利用を控えていたのだが、
膀胱炎回避のため背に腹はかえられなかった。


におい、眼下に広がるパラレルワールド。
ドアが閉まらないことによるスリル。めくるめくスペクタクル。
内側からドアを引く手も心なしかうちふるえる。
コトを無事に済ませたときの例えようもない達成感。
やった、やったよ母さん!

…できるだけ利用の機会がめぐってこないよう、切に祈る。


【参考】

c0016208_18222043.jpg
c0016208_18222091.jpg

日記中のトイレとは違う校内の建物で撮影。
本文中に登場するトイレとは全く比にならないきれいさです。
(が、ドアは小さいね。)



by ripplering77 | 2002-03-18 18:21 | 桂花日記(中国日記)

子どもにも大人にも自然とのつながり、枠を外して遊び心・子ども心を!趣味はビーチコーミング、仕事は森のようちえん まめとっこ代表。森や海で思いっきり遊んで学び、育つ日々。


by 石井 千穂
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31