人気ブログランキング |

福島原発事故数日後に上関原発予定地で動き。どう考え、どう行動するか

今日も、

中国電力は上関原発建設予定地の田ノ浦で

原発建設のための工事を始めようとしたそうです。

早々に「今日の工事は中止」と宣言したそうですが。


このことを、どう考えますか?


中国電力を責めるのはきっと筋違いで、

自分たちの中に振り返るべきものを見つける努力をすること…

と私は思いました。


では、どう行動するか。

その前に、どうしたいのか、どんな方向に向かっていきたいのか。


それぞれ考えませんか?



ここで、マイミク バンビさんの日記を転載します。

***バンビさんの日記から転載***

関西電力に電話しました。

チェーンメールがデマだということは知っているが
実際に電力を送っているのか、節電はした方がいいのか?と質問。

答えは
「関西電力、中部電力、中国電力から合計100万キロワット東京に送っていることは確かだが、周波数の違いから変換に限界があってこれ以上は送れない。
100万キロワット送ったからといって、(節電しなくても)関西地方、中部地方、中国地方が電力が足りなくなる事はない」
そうです。

つまり、「電力は余っている」ってことよね?

続いて、中国電力(TEL0820-62-1111)に電話して、
上関の強行工事について聞いたところ
「今は陸地の工事をしています」
とのこと。
「今回の事故で、工事を見直したり中断したりということはないですか?」
と聞いたら
「今回の事故と、上関は全く違う」
という認識だそうです。

なぜ、地震大国日本で原発を建てて、上関は別だと言いきれるのか。
全ての原発(現在54基)は全て海沿いに建ってます。
上関で工事推進派だった人も、今回の事故で「やっぱり建てて欲しくない」って思っている人はいるはず。
そういう人たちの気持ちは置いてけぼりで、工事は進められているようです。

***ここまで***
by ripplering77 | 2011-03-14 11:06 | 原発・原爆

子どもにも大人にも自然とのつながり、枠を外して遊び心・子ども心を!趣味はビーチコーミング、仕事は森のようちえん まめとっこ代表。森や海で思いっきり遊んで学び、育つ日々。


by 石井 千穂
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30