悩みの終末は突然に~さ行が言えない次男、その後

6月に書いたこの記事
◆子どもの悩み~さ行が言えない次男~
http://seaofsky.exblog.jp/26750623/
をFacebookで改めてシェアしたところ
たくさんの方に見ていただいています。
c0016208_10274787.jpg


この記事を書いたのが今年の6月。
3ヶ月前。

あの頃、森のようちえんへの行き帰りに、
本人の気分の良さそうなときを見計らって
少ーしだけ発音練習してみました。

/か
き/
ら/


のようなミニマルペアを使って。

あと、
「し」の子音 s だけを発音させるように
「シィー」
(静かにしてほしいときに言うやつ)
から徐々に母音 i を入れていくとか。


元日本語教師の技術が役立ったのだけど、
結果としては発音の習得には至らず。

でも、

・さ行とた行が別物だということ
・次男本人の発音がちょっと違ってること
・「すし食べたい」
 と言ったつもりが
 「つち食べたい」
 に聞こえてしまって
 土を食べさせられる危険があること
 (ないけど😁)

を本人が気づいたという意味では
ちょいと手応えがあったんですよ。

本人が自信をなくさないように注意を払って行いました。
それにかける時間の長さも雰囲気も。
「うまく言い分けられてなくても、お母さんはずっと
あなたのことを大事に見てきてるから
あなたの言ってることはいつもよく分かってるよ、大丈夫だよ」
というメッセージだけはきっちりと。


そのあとは、放置。
まーいつかどうにかなるかー。と。

本人のものである成長の過程を
私の悩みにしてしまう直前で
深みにハマらず、
「まぁえっかー」と受け流したのでした。



で。

この記事をシェアしたのが15日のこと。
実は、前日の夜に急展開がありまして。
この「悩み」に
突然ピリオドが打たれたのです。

それはもう、びっくりするほど突然に!



ふつーの一日を過ごした後の寝室で。
次男のとなりで本を読んでた私に
次男が話しかけてきたんです。

「お母ん❤」


?!?!?!
って言った?!?!



それまでホントふつーの一日で、
直前まで、いつものように
「さしすせそ」が「たちつてと」だったのに。


ほんとーーーに、急に!!!!!!



ちょっと違ったのは、
「お母さん」って口にする前、
気持ち?態勢?を整えるような
仕草があったこと。

息を整えるような、
すごーく小さな小さな仕草。

その仕草に「ん?」と思った直後に
まさかの明瞭極まりない「お母ん」。

えぇぇぇぇー!?!?
でしたよ。


私「ちょ、ちょっと待って。
  今お母んって言ったよね?!」
次男「うん❤」←超満足げな表情
私「さしすせそって言ってみて」
次男「さしすせそ❤」←超明瞭
私「えぇぇぇぇー!?!?
私「なっ、なんで…
  いつから言えるようになったん!」
次男「んー、5歳になったけぇよぉ❤」


ち、ちらんかった…。


というのも、ここ何ヶ月か、
次男は友達の影響を受けてか
私と話すときはいつも
アマアマに甘えた口調で話しており。

さ行がた行になるから
余計に赤ちゃんっぽくて、
かわいいなぁ❤と楽しんでいたのですが。

その陰で?!
いつの間に?!
さ行を完璧マスターしていたなんて…。



次男のさ行がた行になるのは
身体的な構造が原因ではなさそうだから、
いつか習得するんだろうなー
いつになるんだろー
と思っていたけど、

私の想像より早く、
それも突然にさ行→た行モンダイが
終わりを告げました。


なーーーんだ。




=================
自然とひと・子どもと大人をつなぐ
森のようちえん まめとっこ代表&有機農家 咲とやま農園
石井千穂(ちほっち)
=================

【ちほっちメディア】
◆Facebook
https://www.facebook.com/chiho.ishii
フォロー、お友達申請はお気軽にどうぞ。
◆Twitter
@chihoi_shii
フォローお気軽に。


【2017年 直近のイベント情報】
●10/13(金)
 森のようちえん まめとっこ 10月のおさんぽ会
 「森のハロウィン」
 ※近日募集開始予定
●10/26(木)
 森のようちえん まめとっこの子育て座談会
 1・2歳のお母さん集まれ~!
 「自然がはぐくむ親子時間~親も楽しむ外遊びのコツ~」
 http://mametokko.exblog.jp/27105654/
●12/12(火)
 森のようちえん まめとっこ
 親子組さやまめ体験説明会
 (2015年度生まれの親子限定募集)
 ※11月上旬募集開始予定
●2/22(木)・3/1(木)
 森のようちえん まめとっこ
 親子組さやまめ体験説明会
 (2015・2016年度生まれの親子対象)
 ※1月募集開始予定

【2017年 販売情報】
●農事組合法人戸山の郷中王謹製
 特別栽培コシヒカリ
(ネオニコチノイド不使用・農薬使用は田植え時のみ、有機肥料使用)
玄米30キロ14,000円/15キロ8,000円
白米・分つき10キロ5,000円(精米代金込み)
★地方発送できます(送料別途)
★広島市内配達可(配達料500円)
ご注文・お問い合わせ
sea_of_sky★c.vodafone.ne.jp(★→@)まで



【ちほっちの活動】
広島市安佐南区・西区の森で活動中!
「お母さんである私」を大切に思えるようになる共同保育型ようちえん
森のようちえん まめとっこ


◆団体の理念や概要が知りたい
 →森のようちえん まめとっこホームページへ
 http://mametokko.jimdo.com/
 ようちえん(年少~年長対象/月~木曜日開園)
 親子組(1歳~未就園児親子対象/火曜日開催)
 おさんぽ会(0歳から参加できる月1回の自然体験イベント)展開中!

◆まめとっこの日常をのぞいてみたい
 →Facebookページ  いいね!してね☆
 https://www.facebook.com/mametokko/

◆まめとっこのイベントに参加したい
 →おさんぽ会、親子組入会説明会などなどの募集開始を知らせる
  イベントメール登録はこちら!
 http://mametokko.exblog.jp/24701904/


自然のいとなみ、野菜のちから
有機農家 咲とやま農園

◆Facebookページ
 https://m.facebook.com/satoyamanouen/
野菜を育ててみんなで収穫!
加工や保存もやっちゃおう!のイベント企画中♪
◆自衛官から脱サラ農業 石井ゆうじのブログ@広島
 http://141yuji.blog.fc2.com/


[PR]
by ripplering77 | 2017-09-17 22:55 | かぞく・こども | Comments(0)

子どもにも大人にも自然とのつながり、枠を外して遊び心・子ども心を!趣味はビーチコーミング、仕事は森のようちえん まめとっこ代表、有機農家 咲とやま農園妻。森・畑・海で思いっきり遊んで学び、育つ日々。


by 石井 千穂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30