八重桜を見つけたら。この時季の楽しみ、桜の塩漬けをつくりましょう

桜やソメイヨシノが散って、
今は八重桜が真っ盛り。

真っ盛りならば
もちろん花を愛でるのみですが、
もしも寒冷地とかで真っ盛り直前の
つぼみも残っている八重桜があったら
ぜひぜひ桜の塩漬けに挑戦を♪



①桜を摘む

c0016208_19362688.jpg


完全に開いた桜じゃなくて、
3~7分くらいの開きかけの桜を
軸ごと摘みます。

だいたい、2~3輪が繋がって咲いてるんだ。
さくらんぼをイメージしてもらえたら
わかるかな。
さくらんぼのように、2~3輪の桜が
繋がった状態になるように摘みましょう。

離れてしまっても、もちろん大丈夫。
1輪ずつでもまあ問題ないけど、
華やかさが目減りするかもしれません。

(写真左はコシアブラ。
 同じ時季に楽しめる山菜です。)


②桜を洗う

桜を摘んできたら、
まずはよく洗いましょう。
ボウルなどに水を多めにためて、
たっぷりの水でやさしくね。
虫がついていたりするので、
何度か水をかえて念入りに。
(私は今年、尺取り虫がついてきましたわ)


③水分を拭き取る

c0016208_19362916.jpg


桜を洗い終えたら、清潔なふきんや
キッチンペーパーで水分を拭き取ります。


④桜に塩をふって漬ける

c0016208_19363599.jpg


水分を拭き取った桜を容器に入れ、
塩をふって混ぜます。

塩の量は、多すぎず少なすぎずの塩梅で。
ここでは、仮漬けというか、
桜の水分とアクを引き出すためなので
きゅうりの浅漬けくらいの感覚で
塩をしたらよいかと。

また、容器は桜の量に応じて。
タッパーみたいなものでもいいし、
漬け物容器でもいいし、
何ならビニール袋でもいいし。

桜に塩をまぶしたら重石をして
1~3日置いておきます。


⑤白梅酢に漬ける

塩をまぶしてしばらく置くと、
水が出てきます。
アクも出てすごい色。
ここで一旦青っぽいピンクに変わります。

「どこへ向かうのか…」と不安になるかも
しれませんが、ここはひとつ目をそらして、
水分を絞りましょう。

c0016208_19363890.jpg


こんなふうになるよ。


そしたらいよいよ本漬け?!
白梅酢を適量桜にまわしかけ
全体に行き渡るようにまぶします。
じゃぶじゃぶに漬け込む必要はないです。
白梅酢がなかったら、酢やクエン酸でもOK。

それからまた重石をして数日置きます。
ビニール袋に入れて、空気を抜いて口を縛り
置いておくという方法もアリです。


そしたら、こんなふうに
鮮やかな色に変わりまーす!!

c0016208_19364191.jpg




⑥干して保存する

桜がきれいな色に染まったら出来上がり!
保存するには、ウェットな状態で
容器に入れたまま冷蔵庫に入れておく
方法もありますが、
よりよいのは乾燥させて保存することかな。

桜のかたちを整えながらザルなどに並べ、
日陰で干します。

c0016208_19182592.jpg


カリッカリのパリッパリになっちゃあ
具合が悪いので、ほどよくね。
なので、日陰がベスト。

ほどよく乾いたら、塩をまぶしながら
保存容器(ガラス瓶でも何でも)に
入れましょう。

c0016208_19183486.jpg


これで完成!!




出来上がった桜の塩漬けは、
冷蔵庫で保存すれば
何年でももちそうな勢いで保存性抜群。


桜の塩漬けを湯呑みに入れて
お湯を注ぎ、桜茶に。
(味見をして、塩を足したりしてみてね)

水につけて塩抜きしてから
おむすびやスイーツに添えても
うれしいですよね♪



今だけ楽しめる季節の手仕事。
あなたもぜひトライしてみてね!



=================
自然とひと・子どもと大人をつなぐアソビビト
森のようちえん まめとっこ代表&有機農家 咲とやま農園
石井千穂(ちほっち)
=================

【ちほっちメディア】
◆Facebook
https://www.facebook.com/chiho.ishii
フォロー、お友達申請はお気軽にどうぞ。
◆Twitter
@chihoi_shii
フォローお気軽に。


【2017年のイベント情報】
●4月23日(日)
 有機農家 咲とやま農園
 西の森フェスタに出展
 特別栽培のお米と春のめぐみの有機野菜を販売します!
 https://www.facebook.com/nishinomorifesta/
 http://site-1127346-6238-1027.strikingly.com/
●【2018年度園児募集スタート】
 5/20(土)・25(木)
 ようちえん説明会・交流会☆体験入園2日つき☆
 両日とも同内容 お父さんの参加も大歓迎!
 25日は託児を設けています
 スタッフ希望・検討中の方もぜひどうぞ
 http://mametokko.exblog.jp/26791355/
●5月21日(日)
 広島かさこ塾フェスタ
 出展&無料セミナー
 http://festa.kasako.jp/2017hirosima/
c0016208_14203711.jpg
c0016208_14203780.jpg


【ちほっちの活動】
広島市安佐南区・西区の森で活動中!
「お母さんである私」を大切に思えるようになる共同保育型ようちえん
森のようちえん まめとっこ


◆団体の理念や概要が知りたい
 →森のようちえん まめとっこホームページへ
 http://mametokko.jimdo.com/
 ようちえん(年少~年長対象/月~木曜日開園)
 親子組(1歳~未就園児親子対象/火曜日開催)
 おさんぽ会(0歳から参加できる月1回の自然体験イベント)展開中!

◆まめとっこの日常をのぞいてみたい
 →Facebookページ  いいね!してね☆
 https://www.facebook.com/mametokko/

◆まめとっこのイベントに参加したい
 →おさんぽ会、親子組入会説明会などなどの募集開始を知らせる
  イベントメール登録はこちら!
 http://mametokko.exblog.jp/24701904/


自然のいとなみ、野菜のちから
有機農家 咲とやま農園

◆Facebookページ
 https://m.facebook.com/satoyamanouen/
野菜を育ててみんなで収穫!
加工や保存もやっちゃおう!のイベント企画中♪
◆自衛官から脱サラ農業 石井ゆうじのブログ@広島
 http://141yuji.blog.fc2.com/


[PR]
by ripplering77 | 2017-04-20 18:44 | 野山遊び | Comments(0)

子どもにも大人にも自然とのつながり、枠を外して遊び心・子ども心を!趣味はビーチコーミング、仕事は森のようちえん まめとっこ代表、有機農家 咲とやま農園妻。森・畑・海で思いっきり遊んで学び、育つ日々。


by 石井 千穂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31