ブログ記事のタイトルが雰囲気重視じゃやっぱだめな理由

ずばり、後で読み返すとき、超不便だから!


何が不便かって、後から意中の過去記事を拾い出そうとするときに、
タイトルがふんわりぼんやりしてると何の手がかりにもなってくれない。

何の頼りにもなんねー。




複数持っていたブログを
森のようちえん まめとっこブログと個人ブログ(ここ)にまとめてるのは以前書いた通り。

◆複数のブログを同時進行する弊害 http://seaofsky.exblog.jp/25653939/



ようやくmixi日記をすべて引っ越しさせ終わったところ。
あと、2つくらい引っ越しさせたいブログがある。。


で、こういうことをしていると、
これまでほとんど海のことしか書いてなかったブログに
いろんな内容の記事が入り交じるようになるのですよ。


ビーチコーミングバカだったあの頃から約10年…
結婚し、妊娠し、子どもが生まれ、森のようちえんや有機農園を始め、
社会の情勢が変わり。。。

ってこといろいろを経て、
関心が海だけじゃなくなり、ここでは伏せてきてたけど
社会問題や政治とかにも興味が広がって一生懸命発信してきたので。



そうすると、読者のためにも自分のためにもカテゴリを見直す必要が出てきたのだけど、
そのときに大きな手がかりとなるタイトルが!タイトルがぁぁ!!

「お知らせ」
「達川光男」
「最小くん」
「そういえばの話」
「じゃぶじゃぶ」

とかって!とかってぇぇぇぇ!!!


なーーーーーんにも内容がワカラン!!!





これ、「海をたのしむ」カテゴリに入ってる記事のタイトル。
それをもっとわかりやすくするために
「ビーチコーミング」「水族館・動物園・博物館」「海遊び」「コレクション」
に分けようとしてるんだけど、

このタイトルだけ見ても内容がわからんためにいちいち記事を開いてみる一手間が入る。



自分でもなんだかわからんタイトルは、読者にとってもわかりにくいはずだから
検索性も高まるタイトルにつけかえていくと、さらに二手間、三手間。





女子にありがちだと思うんだけど、
かわいいイメージを狙って何となくふんわりしたタイトルをつけよると
あとで痛い目に遭う。

みんな、あんまり気づいてないかもしれんけど、
特に結婚・出産とかで人生や価値観が大きく転換するかもしれない女子にとっては
ブログってすごい財産だからね。




だから、オサレ感だけを求めるんじゃなくて、
何年も先を見通して、内容がわかるようなタイトルをつけておくべし。

経験者は語る。





石井千穂
◆Facebook
https://www.facebook.com/chiho.ishii
フォロー、お友達申請はお気軽にどうぞ。
◆Twitter
@chihoi_shii
フォローお気軽に。


森のようちえん まめとっこ

◆8/30(火)親子組さやまめ体験説明会開催!
 詳しくはhttp://mametokko.exblog.jp/26035536/へ!
◆ホームページ
http://mametokko.jimdo.com/
◆ブログ
http://mametokko.exblog.jp/
◆Facebookページ
https://www.facebook.com/mametokko/

咲とやま農園
Facebookページ
https://www.facebook.com/satoyamanouen/



[PR]
by ripplering77 | 2016-07-26 08:30 | ブログ術・かさこ塾 | Comments(0)

趣味はビーチコーミング、仕事は森のようちえん まめとっこ代表、有機農家 咲とやま農園妻。森・畑・海で思いっきり遊んで学び、育つ日々。


by 石井 千穂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31