あっぱれ次男の水遊び。子どもは生まれながらにAKUなんです!

子どもはみんな生まれながらにAKUなんです。

A…あぶない
K…きたない
U…うるさい


笑!


敬愛する柴田愛子さんの言葉。
(横浜市都筑区で子どもの心に寄り添う保育をしている「りんごの木」代表の方!)


子どもをきれいに、しずかに育つ子にすることはできないし、
危険をおかさずに大人の思う「大丈夫」の範囲内だけで遊び育つことはできない。
それが子どもなんです。

だから、
大人は子どもを自分の思う範囲内で思うように育てようとするのはやめた方がいい(笑)
あきらめましょう、それが子ども。


かつて子どもだった自分も、一足飛びに今の自分になったのではなくて、
そのときそのとき心やからだが求めることをしっかり経過して今の自分になったのだよね。

最初からスプーンやフォークやはしを使いこなしてごはんを食べていたわけではないし、
歩くのも走るのも飛ぶのも、階段ののぼりおりや包丁を持つことなんかも、
すべてすべて、いきなり危なげなくこなせたわけではない。
車の運転だってそうだよね。

ちょっとずつ自分にできることプラスアルファの遊びやチャレンジを求めてやって、
それで大きくなってきた。
大人から見たら「けがをするんじゃないか」とヒヤヒヤするかもしれないことを、
止められても止められても、やってきた。


怪我をさせないこと、
大人の社会の中で大人と同じように静かに礼儀正しくあるようしつけるのが
社会からの一番の要請のように思われて、
のびのび育てたいけど大人の常識にはまるように育てていく。
でも、そもそも子どもというのは、現代の大人社会とは別の世界で生きている。

子どもはAKUで、
自分もかつてそうだったってことに気づくと、子育てが俄然楽になるよ。




さてさて、タイトルにあります次男の水遊び。

森のようちえん まめとっこのブログに、
園児母あいちゃんが素敵な日記を書いてくれました。

そこに水があるから
http://mametokko.exblog.jp/25898994/

そこにうちの次男のことが書かれています。


親子組「さやまめ」時代から、いやいやそのもっともっと前の赤ちゃんの時から、
水たまりがあればドカンと座り込み、黙々と水で遊び続けていた年少つぼみのYT。
今もそのたわむれ方は健在です。
水と対話するように、流れの中に手を突っ込みます。(以上本文より)




そう。次男は赤ちゃん時代から水と存分にたわむれて育ってきた。

0歳児時代…
c0016208_16533798.jpg
2013年5月(次男9か月)初水遊び

c0016208_16563840.jpg

かーらーのーー
c0016208_16564982.jpg

(もっと「ひどい」写真はちょっと自粛してみる)


1歳児時代…
c0016208_1711275.jpg

c0016208_1712213.jpg



2歳2か月
c0016208_178345.jpg

飲んでます^^;
濁り水だったのでさすがに止めていただいた。



長男もこうでしたけどね。
1歳1か月。
c0016208_17111480.jpg

c0016208_17112283.jpg


や、やば。かわいい。



もともとAKUなのを止めさせようと思っても、
子どもの成長にとって必要なものとして
遺伝子レベル・本能レベルで組み込まれたものだから、
大人の都合で止めようと思っても止められるものではないんです。

それを受け止めて、「今」「成長しようとしている」ことを受け止めよう。

子どもの同じ行動も、大人の方の意識や見方が変われば
「困った姿」から「たくましい、いとおしい姿」に変わり、
子どもに対する信頼感が増していろいろなことを子どもに委ねていけます。

子どもが小さい頃にこそ、その「練習」を始めると、
大人も子どもとともに学んで育っていけるよ。



石井千穂
◆Facebook
https://www.facebook.com/chiho.ishii
フォロー、お友達申請はお気軽にどうぞ。

森のようちえん まめとっこ
◆ホームページ
http://mametokko.jimdo.com/
◆ブログ
http://mametokko.exblog.jp/
◆Facebookページ
https://www.facebook.com/mametokko/

咲とやま農園
Facebookページ
https://www.facebook.com/satoyamanouen/



[PR]
by ripplering77 | 2016-06-14 17:16 | 森のようちえん | Comments(0)

子どもにも大人にも自然とのつながり、枠を外して遊び心・子ども心を!趣味はビーチコーミング、仕事は森のようちえん まめとっこ代表、有機農家 咲とやま農園妻。森・畑・海で思いっきり遊んで学び、育つ日々。


by 石井 千穂
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31