ハリネズミライフのはじまり。ケージは結局○○に!

1月26日生まれの女子ハリネズミ、はなが我が家に来てから1週間と1日です。

c0016208_00154268.jpg

きゃわー❤


安佐南区長束のハリネズミ専門のブリーダーNEGOZIO di はりちゃんに女子を迎えたいと予約をしたのが2月のこと。
ネゴハリさんとこのシェリルのベビーのうち一匹を19日以降に引き取る予定になっていたのが、ネゴハリさんから連絡があり、シェリルベビーの離乳が早く進み生育もいいことから急遽引き取りが一週間早まって12日からになったのです。


本やネット、ペットショップ、果てはホームセンターめぐりまでして、ケージや暖房器具(アフリカ原産の生き物なので夏と冬の気温管理が必要です)や生き餌のミールワームのことを調べたりしていたものの、19日以降だと思っていた我が家はケージも何も準備してなくて大慌て!
夕方から引き取り可能とのことだったので、このあたりで一番品揃えがよかったゆめタウン廿日市のペットショップに飛んでいきました。


ハリネズミは最近ペットとして人気が出つつあるけれど、ジャンルとしてはエキゾチックアニマルで、生態にはまだ謎が残っている生き物。
だからハリネズミ専用の飼育グッズというものはまだほとんどなくて、ケージはうさぎ用のものを流用することが多いみたいです。

でも、うさぎと違って高いところに飛び乗ったり、高いところから飛び下りたりということはハリネズミにはできないので、運動量を確保するために床面積が70センチ×45センチ以上は必要とのこと。
だけどね…、うさぎ用のケージでそんなに大きいものって、なかなかないのですよ。なおかつ、色使いもデザインもダサい!!半端な緑とかピンクとか、ファンシーなうさぎのワンポイントイラストとか…
ダサすぎるんじゃー!
ネット検索してもダサダサ…がっくすですわ…。

だから、ハリネズミのまるたろうさん考案のIKEAのボックス改造ケージや、それを発展させたオサレな自作ケージで飼っている人も多いみたい。
せっかくかわいいハリネズミ。フォトジェニックなのを活かしたくなるよね。

けれど、自作ケージを準備する時間はないので、当面は保留。自作ケージ以外で何とかしなければ!


その他のケージの選択肢として、

●アクリル製
メリット:シンプルでオサレ、透明なので観賞しやすい、冬場の温度管理がしやすい(保温性がある)
デメリット:近場で販売されていない(ネット販売)、自作がムズカシイ、高価(5、6万する)

●ガラス製の水槽
メリット:見た目よし(シンプルで余計な色や装飾がない)
デメリット:前面に扉がないので上から手を入れないといけない=ハリネズミをビビらせてしまう、まだ小さい子がいるので破損がこわい、底面70センチ以上のサイズのものはなかなかない

●コンテナボックス(衣装ケース)
メリット:安い、冬場の温度管理がしやすい(保温性がある)、手に入りやすい
デメリット:見た目がよろしくない、半透明なものが多くハリネズミを観察しにくい、前面に扉がないので上から手を入れないといけない

があります。

見た目重視で高いの(アクリルケージ)がほしいけど、ハリネズミ初心者が買うにはあまりに高い。ガラス水槽はまだ小さい子がいる我が家には心配。コンテナは決定的にダサい!!素敵なハリネズミライフのはじまりには避けておきたい…!!

ということで、ゆめタウン廿日市店のペットショップ「ひごペット」では、いずれケージを自作することを前提に(私がつくるんじゃなくて父かオットにつくってもらう😏)最安値のうさぎ用ケージ、シャトルケージ60か70を選ぶことに決定。ハリネズミ本でもネット検索でも紹介されてたしね。


で、でも…実際に買うとなったら、ほんとにいいんだろうかと考えがぐらつき。せっかくお金を出すなら失敗したくない!最安値たはいえ6,000~7,000円するので、貧乏性の血が騒いできて、他のうさぎケージにしようか、でもどうしよう…とウロウロウロ、即断即決で買って帰るつもりが、めーっちゃ長い時間ひとりまごまごしてしまいましたよ。
急遽お迎えの時期が早まったからとはいえ、やはり下調べ不足。これが敗因です。

ので、もう思いきってブリーダーのネゴハリさんにメールしてアドバイスいただきました!!

自作を前提に、とりあえず買うとしたらシャトルケージ60か70でOK?!と。

すると、シャトルケージは高さが足りないので回し車が入らず、シャトルケージ60はさすがに狭いことを、豊富な飼育経験から教えていただきましたよ。がーん、聞いてよかった…。

その上でネゴハリさんのオススメは、ななんとまさかのコンテナボックス!!一番避けたかったやつじゃー!笑


で、でもいつまでも悩んでいられないので、ここはプロのオススメに乗っかって、ダサいけどコンテナボックスにすることに決めて、ひごペットでは何も買わずに引き返し、そのままネゴハリさん宅を目指したのでした。

休日の昼間の、車と人が多い時間にわざわざ市外のゆめタウン廿日市店に来たけど、ただ時間を浪費しただけで終わったのは…もう忘れたい😅
[PR]
by ripplering77 | 2016-03-20 23:35 | うさ・ハリ・犬 | Comments(0)

子どもにも大人にも自然とのつながり、枠を外して遊び心・子ども心を!趣味はビーチコーミング、仕事は森のようちえん まめとっこ代表、有機農家 咲とやま農園妻。森・畑・海で思いっきり遊んで学び、育つ日々。


by 石井 千穂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30